車の維持費

家計において車の維持費というものが大きな負担になっているということをごぞんじでしょうか。
駐車場代、保険代、重量税、ガソリン代とかぞえていくとかなりの額になることがわかります。
車をもつことはある意味ではステータスでもあるのですが、その分かなりの維持費がかかることになります。 
ですから、この維持費の負担が厳しいと判断するのであれば車を売却するようなことを考えてもいいでしょう。

車売却の効果はかなり大きなものになります。 
どれぐらい車売却の効果があるのかよくある例で考えてみましょう。
まずは駐車場代で月に1万円、ガソリン代で月1万円、保険代で年間5万円。重量税で年間5万円。
とするならば、毎月約3万円が維持費として必ずでていく出費となります。

さらには車検といったようなことを考えれば月4万円と考えてもいいでしょう。 
さらに車で移動をしたときにはたいていの場合は駐車場にとめることになるのですが、その駐車場代も必要となります。
つまり月4万円以上は確実にかかるというわけです。
年間にすると50万円以上がかかるということになります。
これを少ないと思える人がどれぐらいいるでしょう。 

これをみれば車売却の効果がかなりあることがわかってもらえるのではないでしょうか。
もちろん人によって駐車場代がない人もいれば軽自動車なので重量税はもっと安いといったようなこともありますが、
維持費にかなりの費用がかかるということはいえるでしょう。
看護師求人 土日休みはありますか